ゼファルリンは効果なし?製薬会社社員がペニス増大するブログ

ゼファルリンのブログ

僕はゼファルリンを飲んでペニスが3センチ大きくなりました。
僕は実は製薬会社勤務です。
色々サプリメント業界の裏事情に詳しいこともあってペニス増大サプリメントの効果については正直半信半疑でした。
「このサプリメントを飲んで1週間でペニスが5センチ大きくなりました!」なんて誇大広告は当たり前の業界だから、その広告を信じてサプリメントを飲んでみても実際には全く効果なしなんてこともよくある話なので。
勿論真剣に商品を製造している会社もありますよ。

 

ただ、いい加減な会社の数の方が圧倒的に多いのが現実です。

 

そんな事情もあって、沢山あるサプリメントの中からHPをチェック、比較して、副作用の心配の少ない、安全性の高そうなサプリメントをいくつか選んで、あとは直感で決めたのがゼファルリンでした。
でもゼファルリンを飲み始めてたった3ヶ月でペニスが3センチ大きくなったので、やっぱり僕の直感は正しかったんだなと思いました。

 

ゼファルリンを飲んで3ヶ月間の様子

ゼファルリン3ヶ月分

僕がゼファルリンを飲み始めてからの経過と感想を説明します。

 

まずは購入方法から。
ゼファルリンは1箱の価格が13,800円ですが、まとめ買いをするとその分割引されるので、1箱あたりの単価が安くなります。
因みにゼファルリンを3か月分まとめて買うと通常よりも25パーセント割引になりますので、僕は3ヶ月分まとめて買いました。
実は5か月分まとめて買うと28パーセント割引なので、そっちの方が安かったのですが、いきなり5か月分を買うのはさすがにちょっとためらいました。
ちなみにゼファルリンの公式サイトでは以下のような値段で販売されています。

  • 1箱:13,800円
  •  

  • 2箱:23,800円(14%OFF)

     →1箱あたり11,900円

  •  

  • 3箱:33,000円(20%OFF)

     →1箱あたり11,000円

  •  

  • 4箱:41,400円(25%OFF)

     →1箱あたり10,350円

  •  

  • 5箱:49,400円(28%OFF)

     →1箱あたり9,880円

ただ、サプリメントは本来薬と違って毎日飲んで効果をじんわり発揮させるものなので、ある程度の期間は飲み続けないと、効果なし、あるは判断できないのは事実なので、とりあえず3ヶ月分買ってみた感じです。

ただ、送料は1箱買おうが、5箱買おうが全国一律525円かかりますので、そういった意味でも3ヶ月分のまとめ買いはおすすめです。

ゼファルリンを飲んでみた感想は、「苦い」でした。
ハーブ系の原料も沢山使われているのでこの苦味は仕方ないかと思います。
まあ、良薬口に苦しということですね。

 

ゼファルリンはカプセルとタブレットが1つずつのタイプです。
使用方法は1カプセルと1タブレットをセットにして1日2回飲むのが一応の決まりのようです。
早く効果を出したくて用法用量以上飲むのは、副作用などの観点から言うと危険です。
さらに、決められた量より多く飲んだからと言って、早く効くというわけではありません。
成分によっては、必要以上摂取した分は体が自然に排出してしまうことも良くあるので、無駄に飲んでしまう、または他の成分の効果を殺してしまう、などの弊害があることは頭に入れておいた方が良いかもしれません。
この辺の話は後ほど詳しく解説します。

飲み忘れは厳禁

サプリメントは継続が命です。

絶対にやってはいけないのは飲み忘れることです。

そして、ゼファルリンの効果を最大限に引き出すには、空腹時で就寝前に飲む事がおすすめです。


それはなぜかというと、男性ホルモンの分泌が活発になるのは、寝ている時だからです。
さらに、体に栄養が吸収されやすいのも寝ている時だからです。
寝る前に食べると太ることを考えると、当然ですよね。

 

寝る前にゼファルリンを飲み続けて1週間経ちました。
効果は殆どありません。
僕のペニスは全然大きくならない。
でもなんとなく、精子の量が増えてきたのかな、って感じはありました。
かすかな手ごたえは感じつつ、とにかくゼファルリンを飲み忘れることだけはしないように気を付けてました。

 

そして1ヶ月後。
勃起時のペニスの大きさはプラス1センチになってました。
精力もついてきたのは実感できました。
僕は今33歳なんですが、糖尿の家系で、肥満体型です。

体力には全然自信がなく、やっとできた彼女とのセックスにも自信が無かったので、セックスを頑張れるようになったのは良かったです。

ゼファルリンで体力もアップ

そんな感じで順調に3ヶ月経ったところでペニスは3センチ増でした。
僕の彼女はペニスの大きさもそうですが、硬さが増したことに喜んでます。
大きさも勿論大事ですが、僕のこれからの課題は精力増強です。
ゼファルリンはまだまだ手放せません。

 

ペニスを大きくするには?

そもそも、ペニスを大きくするにはどんなことが必要か知ってますか?
ペニス増大のキーポイントは3つ。

  • 血流
  • 副交感神経
  • 海綿体細胞

この3つがペニス増大のキーポイントになります。

勃起の仕組み

この3つを理解するには、ペニス増大の仕組みよりも、まずは勃起のメカニズムを知らないといけません。
勃起というのは、脳が性的興奮を感じると、神経を通して全身の血液をペニスに送り込むよう命令が出されます。
命令が下ると自律神経である副交感神経が活発になって血管を拡張させます。
ペニスへ流れ込んできた血液はペニスの海綿体細胞が吸収し、膨張して硬くなります。
この現象が勃起になります。
聞きなれない言葉も出てきたと思いますので、詳しく説明します。

 

自律神経(交感神経と副交感神経)

自律神経

自律神経というのは、呼吸器、消化器、循環器などの活動を24時間休みなく調整している神経のことです。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。
交感神経は活動の活発な昼間の時間帯や緊張状態の時に活発になります。
一方の副交感神経は、活動が静かな夜間帯やリラックス状態の時に活発になります。
交感神経と副交感神経がバランスを保つことで、体の機能を調整しているのです。

 

さらに、交感神経が活発な状態だと血管が収縮します。
血管を収縮させることで、血圧を高め、全身の筋肉を稼働させるのです。
ホースの先端をギュッと握ると水が勢い良く飛び出ると思います。
人の体も同じで、血管を収縮させることで、筋肉や脳に血液を送り、激しい運動にも耐えられるよう、体の活動を支えているのです。

 

一方の副交感神経が活発になると、血管は拡張します。
血管が拡張されると血圧が低下し、心拍数も下がり、リラックスした状態になります。

交感神経では筋肉や脳に優先的に血液を送るのに対し、副交感神経が活発な状態では全身の細胞、器官に対して血液が流れるようになります。

この一環でペニスにも血液が流れるのです。
そう、勃起する時に活発になるのは副交感神経です。
眠い時に勃起するのは副交感神経が優位になっているためです。

 

海綿体細胞

海綿体

ペニスは海綿体細胞という細胞によって構成されています。
海綿体細胞はスポンジのような形状で、血液を吸収することで大きく膨張して硬くなります。
ペニスの海綿体細胞は「陰茎海綿体」と「尿道海綿体」に分かれています。
ペニスを輪切りにすると、上側に左右1対の陰茎海綿体があり、下側に1本尿道海綿体が通っています。

 

尿道海綿体の中央には尿道が通っていて、ここからオシッコや精子を排出します。
一方の陰茎海綿体の中央には動脈が通っています。
動脈の周りを陰茎海綿体が覆っている形になります。
勃起時は、陰茎海綿体の動脈に血液が流れ込み、陰茎海綿体が血液を吸収することで、海綿体細胞が膨張して硬くなります。

 

また、海綿体細胞は筋肉などの細胞と一緒で大きく成長させることが可能です。
そのためには成長ホルモンの分泌が必要です。

成長ホルモンは睡眠時、特に夜10時から2時の間、深い睡眠中に多くの成長ホルモンを分泌します。

「寝る子は育つ」というのは理にかなっていて、成長ホルモンの分泌が体の成長をサポートしていたのです。
成長ホルモンの分泌によってペニスの海綿体細胞も大きく成長することができます。

 

ペニス増大と勃起の仕組みまとめ

ペニス増大まとめ

では改めて、ペニス増大には何が必要だったか思い出してください。
ペニス増大に必要なのもの、それは、

  • 血流
  • 副交感神経
  • 海綿体細胞

の3つです。

 

つまり、ペニスに流れ込む血流量が増えれば、勃起した時、海綿体細胞が大きく膨張し硬くすることができます。
血流を良くするには副交感神経を活発にする必要があります。
また、海綿体細胞が大きくなれば勃起時により多くの血液を吸収することができ、ペニスを大きくすることができます。

 

ゼファルリンはこの3つをサポートする効果があります。

 

増大サプリに重要なのは成分と量

成分

ペニスを大きくするには「副交感神経」を活発にして「血流」を良くし「海綿体細胞」を成長させることが必要でした。
これらの効果をもたらしてくれるのがペニス増大サプリメントです。
しかし、世の中のサプリメントを見てみると、必要な成分が必要な量、配合されていないものばかりです。

 

僕自身、製薬会社に勤めているのでサプリメントの成分には詳しいつもりです。
最近の増大サプリメントの特長としては、100種類以上の成分を配合したタイプが人気みたいです。
でも僕から言わせてもらうと、100種類もの成分をタブレットやカプセルに詰め込んでも、一つ一つの成分量が極めて少量になるため効果は薄いでしょう。
医薬品にしてもサプリメントにしても、重要なのはどんな成分をどのくらいの量で配合するかです。

 

ゼファルリンには全部で58種類の成分が配合されています。

< カプセル(29種類) >
アスパラギン酸、アルギニン、イチョウ葉、ウコン、オルニチン、ガジュッツ、ガラナ、クロム、さけ白子、シトルリン、すっぽん、ステアリン酸Ca、ゼラチン、セルロース、デキストリン、ブドウレスベラトロール、ブラックカラント、マカ、まむし、リジン、ローヤルゼリー、亜鉛、牡蠣、朝鮮人参、田七人参、冬虫夏草、豚睾丸、蜂の子、羅漢果

< タブレット(29種類) >
アカガウクルア(ソフォン)、アムラ、イソロイシン、エゾウコギ、キャッツクロー、シェラック、スーマ(パフィア)、ステアリン酸Ca、セルロース、デキストリン、トリプトファン、トンカットアリ、ニーム、ノコギリヤシ、バリン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ヒハツ、ブドウ種子、ボスウェリア、ムクナ、メチルスルフォニルメタン、ロイシン、ワイルドヤム、還元麦芽糖水飴、黒胡椒、雪蓮花、大棗

以上の58種類の成分が配合されているのですが、ペニス増大に特に重要な成分を4つほど紹介しましょう。

 

トリプトファン

トリプトファン

トリプトファンとはアミノ酸の一種です。
トリプトファンが体内に吸収されると、「メラトニン」と「セロトニン」というホルモンを分泌します。
メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれる物質で、眠気を誘うホルモンです。
セロトニンは感情をコントロールしている物質で、興奮した気持ちを静める効果があります。

 

このメラトニンとセロトニンの働きにより、自律神経は副交感神経を優位にします。
副交感神経が活発になればペニス増大に必要な血流改善に効果があります。

 

シトルリンとアルギニン

アルギニンとシトルリン

シトルリンもアルギニンもアミノ酸の一種です。
アルギニンを摂取すると、体内の酵素と結合してシトルリンに変化します。
変化する過程で一酸化窒素という物質を生成するのですが、一酸化窒素には血管を柔らかくして拡張する効果があります。
そのため、血流が良くなり、勃起しやすくなるのです。
また、シトルリンは体内でアルギニンに変化します。
アルギニンに変化した成分は再び酵素と結びついて一酸化窒素を生み出し・・・とアルギニンとシトルリンの化学変化によって一酸化窒素を生み出すループ状態になります。
この状態を一酸化窒素サイクルと呼んでいて、ペニス増大のための血流改善の効果があります。

 

オルニチン

オルニチン

オルニチンも同じくアミノ酸の一種です。
オルニチンが摂取されると、脳の脳下垂体という部位に刺激を与えます。
脳下垂体は成長ホルモンを分泌している器官で、オルニチンの刺激により、多くの成長ホルモンの分泌を促進します。
成長ホルモンが多く分泌されれば、ペニスの海綿体細胞を成長させるため、ペニス増大に効果的です。

 

ゼファルリンのアルギニンなどの含有量は?

含有量

増大サプリで必要不可欠なアルギニンなどのアミノ酸。
一体どのくらいの量がサプリメントの中に配合されているのでしょう?
当然、会社の設備を使えば含有量は分かるんですが、さすがに増大サプリを調査してるのがバレたら即効クビなので止めときます。

 

ゼファルリンの箱にも含有量は書かれておらず、ネット上にも有効な情報はありませんでした。
そこで、ゼファルリンのカスタマーサポートに電話して聞いてみたところ、

「企業秘密です。
 模倣品の製造に繋がるため、含有量の公開はしていません」

とのことで断られてしまいました。
確かに、医薬品やサプリメントの中には成分の含有量を公開していない商品もあります。
ただ消費者の安全安心を得るためには今後公開されるのを期待したいですね。

 

続いては

「ゼファルリンなら精力減退の3大原因を解決できる?」

(同サイト内の別ページに移動します)

 

外部リンク

ゼファルリンの効果を知りたいなら。

 

3ヶ月で3センチ増大するサプリ