ベクノールとゼファルリンを徹底比較!GHリリーザーって何?

ベクノール

今回は私が実際に使った「ゼファルリン」と「ベクノール」を比較し、効果、評判、口コミ、成分、価格においてどちらが優れているかを検証したいと思います。

 

効果で比較

効果で比較

ゼファルリンとベクノールを効果で比較します。

 

まずゼファルリンは3ヶ月間飲み続けて2.7cm増大しました。

 

ベクノールは実際に飲んでないので効果については未知数です。

 

公式サイトには「男を磨くメンズ滋養サプリメント」という宣伝文句でベクノールが紹介されています。
ベクノールのウリは何と言っても「GHリリーザー×オクタコサノール」による増大効果です。

 

GHリリーザーの「GH」とは「Growth Hormone」、日本語訳すると「成長ホルモン」のことで、成長ホルモンの分泌を促進させるための栄養素群のことです。
成長ホルモンとはその名の通り、人の成長を支えるホルモンです。
身長を伸ばす、骨を丈夫にする、筋肉を発達させる、損傷した細胞を回復させるなど、生涯にわたって分泌されます。

 

小学生、中学生、高校生とペニスが大きく成長するのは成長ホルモンのお陰です。
ペニスは海綿体細胞という細胞で構成されており、海綿体細胞が大きくなればペニスは増大します。
成長ホルモンはペニスの海綿体細胞にも働きかけるため、ペニスを大きくするために成長ホルモンは欠かせないものになります。

 

しかし、成長ホルモンは10代後半や20代前半で分泌のピークを迎え、その後、分泌量は減少します。
減少する成長ホルモンの分泌量を増やすのがGHリリーザーです。

 

ベクノールのもう一つの重要な働き「オクタコサノール」とは、植物油などに含まれる天然成分で、主な目的としては血流改善、精力増強、勃起力向上、スタミナ回復があります。

 

ペニスを大きくするには3つの点が重要です。

  • 血流を改善させる
  • ペニスの海綿体細胞を鍛えて大きくする
  • 成長ホルモンの分泌を促進させる

そもそも勃起はペニスに血液が溜まることで起きます。
エッチなことを見たり感じたりすると、脳が神経伝達を通じて、全身の血液をペニスに集めるよう命令が下ります。
ペニスに集まった血液は、ペニスの海綿体細胞が血液を吸収します。
海綿体細胞はスポンジのような性質があり、血液を吸収すると、膨張して硬くなります。
海綿体が膨張して硬くなった状態を勃起といいます。

 

そのため、ペニスを増大させるにはペニスに集まる血液を増やすために血流を改善すること、多くの血液を吸収できるよう海綿体細胞を成長させることが必要です。
ベクノールはGHリリーザーにより、成長ホルモンの分泌を促進させ、オクタコサノールにより血流を改善させるため、ペニス増大の理にかなっている商品です。

 

評判、口コミで比較

口コミで比較

ベクノールの口コミとゼファルリンの口コミを比較してみます。

 

ベクノールの口コミ件数はあまり多くはありませんでした。
そこまで売れてないということでしょうか。
約52件の口コミを調査した結果は以下の通りです。

  • 効果あり:19件(36.5%)
  • 効果なし:33件(63.5%)

 

効果ありの口コミは3割強ですが、効果なしという口コミは6割にも及んでいました。
口コミを見る限りはあまり効果がないと言わざるを得ません。

 

では、ゼファルリンの口コミも見ていきましょう。
約125件の口コミを調査した結果は以下の通りです。

  • 効果あり:91件(72.8%)
  • 効果なし:34件(27.2%)

 

ゼファルリンは約7割の人が効果を実感していると口コミしています。
効果なしと評価している人は、使用期間が2週間や1ヶ月と短いものが多かったです。

 

ゼファルリンはサプリメントであり、医薬品ではありません。
そのため、即効性はありません。
口コミを見ても効果が出るまで1〜2ヶ月かかっており、平均して2〜3ヶ月の使用で、2〜3cmの増大となっています。
劇的に1週間で5cmも増大!なんてことはあり得ませんので、そこら辺を注意しましょう。

 

成分で比較

成分で比較

ベクノールとゼファルリンの成分を比較していきます。

 

まずはベクノールの全成分を紹介します。

ベクノールの全成分(29種類)

アルギニン、オルニチン塩酸塩、シトルリン、トリプトファン、亜鉛、ビタミンB6、ナイアシン、オクタコサノール含有米、フランス海岸松樹皮抽出物、デキストリン、還元麦芽糖水飴、緑茶抽出物、大豆イソフラボン、セルロース、ステアリン酸カルシウム、魚骨焼成カルシウム、酸化マグネシウム、塩化カリウム、ビタミンC、グルタミン、ナイアシン、トマト色素、シェラック、ゼラチン、α-リポ酸、ブドウ種子抽出物、ビール酵母、マリーゴールド抽出物、グリシン

 

続いてゼファルリンの全成分の紹介です。

ゼファルリンの全成分(58種類)

カプセル(29種類)

クロム、ガジュッツ、アルギニン、まむし、牡蠣エキス、リジン、田七人参、ガラナ、オルニチン塩酸、豚睾丸エキス、亜鉛、ウコン、ローヤルゼリー、セルロース、ブドウレスベラトロール、すっぽん末、ブラックカラントエキス末、蜂の子、有機マカ、ゼラチン、アスパラギン酸ナトリウム、さけ白子、デキストリン、羅漢果、シトルリン、冬虫夏草菌糸体、イチョウ葉、ステアリン酸Ca、朝鮮人参

 

タブレット(29種類)

メチルスルフォニルメタン、雪蓮花エキス、ビタミンB6、還元麦芽糖水飴、ヒハツ、ロイシン、大棗、黒胡椒、エゾウコギ、ビタミンB2、イソロイシン、ビタミンE、アカガウクルア、バリン、ノコギリヤシ種子、ボスウェリア、トリプトファン、ステアリン酸Ca、ブドウ種子抽出物、デキストリン、トンカットアリエキス、ワイルドヤムエキス、ムクナエキス、セルロース、スーマ(パフィア)エキス、シェラック、ニームエキス、キャッツクロー、アムラ乾燥

 

ペニス増大に重要な成分というのはアルギニン、シトルリン、トリプトファン、オルニチンの4つのアミノ酸です。
この4つのアミノ酸はベクノールにもゼファルリンにも含まれています。

 

ゼファルリンは58種類の成分を2つの錠剤に分けて配合しています。
そのため、タブレットには29種類、カプセルには29種類の成分が配合していることになります。
これは朝にカプセルを飲み、夜にタブレットを飲むように作られているからです。

 

ゼファルリンのカプセルはアルギニンやシトルリンなど血流改善効果のある成分が配合されています。
このカプセルを朝飲むことで、血流が改善され、脳の働きを活発にし、一日のエネルギーを蓄えます。
一方のタブレットにはトリプトファンが配合されており、成長ホルモンの分泌を促進します。
成長ホルモンは夜、寝ている時に分泌されます。
トリプトファンはリラックスして安眠できる効果があり、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれます。

 

一方のベクノールは29種類の成分のみとなっています。
ただ、ペニス増大に必要なアルギニン、シトルリン、トリプトファンといった成分は配合されているため、増大効果は望めるかもしれません。
しかし、ゼファルリンと違って、1つのカプセルに配合している点は、血流改善も成長ホルモン分泌も同じタイミングと行うという、ちょっともったいない配合になっています。

 

価格で比較

価格で比較

ベクノールとゼファルリンを価格で比較してみます。

ベクノール

  • 1箱:12,960円
  • 2箱:22,032円(15%OFF、3,888円お得、1箱あたり11,016円)
  • 3箱:30,326円(22%OFF、8,554円お得、1箱あたり10,108円)
  • 4箱:-
  • 5箱:46,008円(29%OFF、18,792円お得、1箱あたり9,201円)

 

ゼファルリン

  • 1箱:13,800円
  • 2箱:23,800円(14%OFF、3,800円お得、1箱あたり11,900円)
  • 3箱:33,000円(20%OFF、8,400円お得、1箱あたり11,000円)
  • 4箱:41,400円(25%OFF、13,800円お得、1箱あたり10,350円)
  • 5箱:49,400円(28%OFF、19,600円お得、1箱あたり9,880円)

1箱あたりの値段は1,000円ほどベクノールの方が安いです。
口コミでは平均して3ヶ月(3箱)購入している人が多かったので、3箱の価格を比較してみると、ベクノールが3,000円ほど安くなっています。

 

まとめ

まとめ

効果、口コミ、成分、価格でベクノールとゼファルリンを比較してみました。

 

効果に関してはゼファルリンは3ヶ月飲んで2.7cm増大しました。
ベクノールは実際に飲んでいないので未知数です。

 

口コミの調査結果は以下の通りです。

  • ベクノールの効果あり:36%
  • ゼファルリンの効果あり:72%

 

成分は主要なアミノ酸はどちらも含まれています。
成分数は以下の通りです。

  • ベクノール:29種類(カプセル1タイプ)
  • ゼファルリン:58種類(カプセルとタブレットの2タイプ)

 

価格はゼファルリンよりベクノールの方が安いです。
まとめ買いになると3,000円近くの差が出ます。
ベクノール

  • 1箱:12,960円
  • 5箱:46,008円

 

ゼファルリン

  • 1箱:13,800円
  • 5箱:49,400円

 

価格の安さはベクノールですが、成分量やカプセルとタブレットの2タイプに分かれている点、口コミでの効果ありの比率など、総合して判断するとゼファルリンの方が優れたサプリメントであると言えます。
3,000円をケチって失敗するよりも、無難なゼファルリンを飲んで、効果がなかったらベクノールという手もありでしょう。

 

実際にゼファルリンの効果を実験しています。

(詳しくはこのページで)

 

ゼファルリンの詳しい情報が欲しい人はコチラから。


関連ページ

効果なしの7つの増大サプリ!この商品には手を出すな!
数多く存在する増大サプリ。しかしそのほとんどが効果なしの粗悪品です。しかもそんな効果なしの増大サプリが多くのサイトで宣伝されている現状です。そんなサプリを掴まされないために7つの効果なしサプリを紹介しましょう。
みんな損しています!海外製の増大サプリの危険性
ペニス増大サプリで増えているのが海外製の増大サプリの存在。アメリカ、中国、ドイツ、フランス、イタリア、インドやインドネシア、タイなどの製品も増えてきました。一見派手なホームページで効き目がありそうですが、本当のところどうなんでしょう。
バリテインとゼファルリンを徹底比較!93%のリピート率?
バリテインとゼファルリンを比較しています。バリテインは115種類の成分と86種類の発酵成分が配合されている驚異の200種類以上の成分含有量を誇っています。果たしてゼファルリンと比べた時にどちらが優れているのか?
ヴィトックスとゼファルリンを徹底比較!120種類の成分凝縮?
3年連続売上げナンバー1という触れ込みのヴィトックス。現在はヴィトックスαとして販売されています。120種類以上の成分を1つのカプセルに詰め込むという暴挙。その効果はあるのか?ゼファルリンと比較しました。
ライゼックスとゼファルリンを徹底比較!97%の満足度って?
ゼファルリンとライゼックスを効果、口コミ、成分、値段などで比較していきます。平均して6.8cmも増大すると謳っているライゼックス。本当にそんなに増大効果があるのか?また、ゼファルリンの増大効果はどうなのか?検証しています。