製薬会社社員だから言えるゼファルリンの裏技的な効果的な飲み方

効果的な飲み方

 

ゼファルリンの効果を最大限引き出す飲み方、効果的な飲み方をするためのキーワードは以下の3つです。

  • 空腹時
  • 朝食前
  • 就寝前

この3つを覚えておけばゼファルリンを飲んで1〜2ヶ月で2〜3cmのペニス増大が可能になるでしょう。
それでは頑張ってください!
・・・
ってそんな丸投げはしませんよ。
なぜ上の3つがゼファルリンの効果を引き出すのか、一つ一つ理由を説明していきます。

 

アミノ酸は空腹時に摂取すべし!

空腹時

 

ゼファルリンに含まれる成分で、最もペニス増大に効果のあるものはシトルリン、アルギニン、トリプトファン、オルニチンなどのアミノ酸です。
シトルリン、アルギニンは血流増加に効果的ですし、トリプトファン、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させて、ペニスの海綿体細胞を成長させる効果があります。

 

そんなペニス増大には欠かせないアミノ酸ですが、そもそもアミノ酸とはタンパク質を構成している物質になります。
タンパク質は体の内臓、血管、筋肉、皮膚などの元となるものです。

 

アミノ酸はこれら器官を正常に働かせたり、食べ物を消化させたり、呼吸を正常に行えるようにしていたりと、人の体はアミノ酸によって正常に保たれているのです。
ちなみに、人の体は約20%がタンパク質でできています。

 

言い換えると20%がアミノ酸です。
体重60kgの人は12kgがアミノ酸で構成されているのです。

 

さて、そんなアミノ酸は全部で20種類あります。
体内で生成することができないので食事などで補給しないといけない「必須アミノ酸(9種類)」と、体内で生成することができる「非必須アミノ酸(11種類)」があります。
トリプトファンは必須アミノ酸、アルギニンは非必須アミノ酸に含まれます。
また、アミノ酸の中にはタンパク質にならず、アミノ酸単体で存在することができる「遊離アミノ酸」もあります。
シトルリン、オルニチンはこの遊離アミノ酸に含まれており、食事やサプリメントで摂取する必要があるアミノ酸です。

 

さてさて、アミノ酸の説明が長引きましたが、ここからが本題。
アミノ酸は摂取すればするだけ体内に吸収されるのかというと、そうではありません。

 

体内に必要な量のアミノ酸が取り込まれると、それ以上のアミノ酸は不要と判断し、尿として体外に排出してしまうのです。

 

アミノ酸はタンパク質を構成している物質なのですが、タンパク質はほとんどの食事に含まれている成分です。
つまり、食事によって体はタンパク質(アミノ酸)が満たされた状態になるのです。

 

もし食後にゼファルリンを飲んだ場合、ゼファルリンの増大成分であるアルギニンやシトルリン、トリプトファン、オルニチンといったアミノ酸は尿になって排出されてしまうのです。

 

これではゼファルリンの効果を引き出すことができません。
しかし、ネット上の多くのサイトで食後に飲むことを勧めています。
これはアミノ酸の特性を理解していない人が作っているサイトだからでしょう。

 

ゼファルリンのアミノ酸を効率的に摂取するには「空腹時」に飲むことが大切です。

空腹時は体が栄養を欲している状態で、当然、アミノ酸も欠乏しています。
この状態でゼファルリンを飲むことでアルギニン、シトルリンが血流を増加させ、トリプトファン、オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるのです。

 

最も空腹な朝食前は栄養吸収抜群!

朝食前

 

ゼファルリンは空腹時に飲むべきなのですが、最も空腹な状態というのは寝て起きてすぐです。
つまり朝食前。

 

例えば、平均的な食事のサイクルを考えてみましょう。
朝7時に朝食、昼12時に昼食、夜7時に夕食を食べたとします。

  • 朝食から昼食までの間は5時間
  • 昼食から夕食までの間は7時間
  • 夕食から朝食までの間は12時間

これだけ見ても、いかに朝食前が空腹な状態であるかが分かると思います。

 

よく「朝食が食事の中で一番重要」て言いますがその通りで、要は一番お腹が減っている状態で食べる食事なので、最も栄養の吸収率が高いからなんです。

空腹の時って何を食べても美味しく感じますよね。
喉がカラカラの時って水道の水でも、まるで仕事終わりのビールのように体に染み渡りますよね。

 

空腹時は栄養が不足している状態なので、何を摂取しても体を正常に働かせようと、摂取した成分を体の隅々まで行き渡らせるように体が働きます。
その原理を応用して、ゼファルリンを朝食前に飲むことで、ゼファルリンのペニス増大パワーを引き出すことができるのです。

 

 

寝ている時は成長ホルモン分泌中なう!

睡眠中

ペニス増大に必要なのは成長ホルモンによって、ペニスの海綿体細胞を育てることです。
そのためには成長ホルモンの分泌を促進させる必要があります。

 

人が成長ホルモンを最も多く分泌している時というのは「睡眠中」です。

 

しかも夜10時から夜中2時までの4時間の間に最も多く分泌されます。
ただ寝ていればOKかというと、そうではありません。

 

睡眠は浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」を90分周期で繰り返しています。
成長ホルモンが分泌されるのは深い睡眠の「ノンレム睡眠」時です。

 

つまり、夜10時から夜中2時の間にノンレム睡眠になれば成長ホルモンの分泌が盛んになる、ということです。

 

「レム睡眠とかノンレム睡眠とかコントロール出来ないだろ!」って思うかもしれませんが、そのコントロールをサポートするのがゼファルリンです。
ゼファルリンにはトリプトファンというアミノ酸が含まれています。

 

トリプトファンはリラックスさせる神経物質である「セロトニン」の原料になります。
セロトニンは睡眠の質を上げてくれる「メラトニン」というホルモン物質を作りだします。
メラトニンの力によって人は深い睡眠「ノンレム睡眠」に入っていけるのです。

 

つまり、ゼファルリンを就寝前に飲むことでノンレム睡眠を誘発し、成長ホルモンの分泌を促進させてくれる、というわけです。

 

ゼファルリンを効果的に飲む方法のまとめ

効果的な飲み方まとめ

 

ゼファルリンを効果的に飲む方法を紹介してきましたが、一度まとめてみます。
大切なキーワードは3つ。

  • 空腹時
  • 朝食前
  • 就寝前

この点を踏まえて、具体的に飲む方法はというと・・・

  • 朝食前の空腹時にカプセルとタブレットを1錠ずつ
  • 就寝前の空腹時にカプセルとタブレットを1錠ずつ

飲むことが大切です。

 

他のサイトでは「食後に飲んだほうが良い」なんて言ってますがデタラメです。
食後はアミノ酸の吸収が悪くなるのでゼファルリンの効果を引き出せません。

 

また、ゼファルリンを飲む時は水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
お茶やコーヒー、ジュースなどで飲むと、余計な成分がゼファルリンの効果を邪魔する可能性があります。
あとはゼファルリンの効果を信じて2ヶ月以上継続して飲むことです。

 

こんな自信満々に色々語ってきましたが、「実際のところお前自信どうだったんだよ?」って思う方もいるでしょう。

そんな方はゼファルリンを3ヶ月飲んだ私自身の体験談を見てください。